トップページ→ あおもり絆カンパニー

 この電子書籍は、「会社を元気にしたい」と考えている経営者や人事担当者の方々、そして、これから卒業後の進路を考える方々に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

 「会社を元気にしたい。社員を元気にしたい。でも、どうしたらいいのだろう。」こういった悩みを抱えている会社の経営者や人事担当者の方は多いのではないでしょうか。

 これからの会社経営は、「人的資本」が競争優位の源泉となります。会社にとって、売上や利益の維持・拡大が必須なのは言うまでもありませんが、目先の売上や利益にばかり目を向けるのではなく、人財の育成に力を入れていくことが、永続的な成長につながる最大の戦略の1つです。会社のために頑張ってくれる社員を大切にすることで、社員は「自分を大切にしてくれる経営者とともに会社を成長させよう」と思いをひとつにしてくれます。そこに、永続的な成長の鍵があるのではないでしょうか。

 この電子書籍では、社員を大切に思う経営者の思いと、その思いに応えるために人事担当者が実践した努力と工夫に溢れる取り組みを数多く紹介しています。この電子書籍をきっかけにして、本県に「人を大切にする会社」「元気な会社」が1社でも多く生まれることを願っています。

 みなさんは、就職する会社を選ぶ際には、何を重視しますか?「知名度」「給料」「規模」「安定性」などを重視する方が多いかもしれません。ぜひ、その中に、"人を大切にする会社"という視点も入れてみてください。

 この電子書籍で紹介している"人を大切にする会社"は、社員を会社の大きな資産として捉え、その社員の育成に熱心に取り組み、社員に「成長の場」を提供するための様々な取り組みをしています。そして育った社員は、「働きがい」を感じながら、イキイキと輝いています。会社の「社員に対する思い」や、会社で働く先輩たちの「やりがい」や「喜び」を感じられると思います。どの仕事でも、楽なことばかりではなく、多くの苦労があります。しかし、先輩たちは、会社が与えてくれた成長の場を、自ら努力して生かし、大きな「やりがい」や「喜び」に変えています。みなさんが、これから社会に出て、イキイキと輝きながら働くことを期待しています。

 

青森県では、“人は青森県にとっての「財(たから)」である”という基本的考え方から、「人」「人材」などを「人財」と表しており、この本でも「人財」という言葉で統一しています。