教えて!クエスチョン

設問は、青森西高等学校、七戸高等学校、大湊高等学校の810人の生徒さんに協力いただいたアンケートに基づいて設定しています。

美容師・村元博之さん(弘前市・「As One」経営)に聞きました


村元博之(むらもと ひろゆき)さん
プロフィール

1982年黒石市生まれ。
黒石高校卒業後、横浜市のヘアサロン「NOB ヘアーデザイン」に勤務。仕事をしながら通信制の美容専門学校へ通い、美容師国家試験に合格。22歳の冬帰郷し、弘前市の「As One」(アズ ワン)に勤務。25歳で同店オーナーに。

Q.もともと美容師に興味があったのですか?

 将来の仕事は、なるなら教師だと思っていたのですが、気づくと高校3年生の夏、それからでは学力が追いつかない時期でした。ある時、ひょんなことから美容師もいいなと思ったんです。当時陸上部に所属しており、体育会系の部員同士で、髪をカットしあうのがはやりました。後輩に「どうしても村元先輩に切ってほしい」と言われて切ってみたら、これが意外に面白かった。カリスマ美容師も流行していて、美容師も向いているかもしれないと思いました。
 横浜市のサロンから学校に求人が来ていて、美容師の免許がなくても見習いをしながら勉強すれば面倒を見てくれるということでした。試験は面接だけで、会社規模は従業員が約150人、神奈川県内に10店舗ほどを展開する大手の美容室でした。

Q.見習い期間はどんな仕事をするんですか?

 朝から晩まで、街頭でリーフレットをひたすら配る、それが3ヵ月続きました。店の看板を背負って立っているようなものですから、気が抜けません。その時期が過ぎると、先輩の施術の準備や手伝い。先輩と後輩の上下関係は厳しく、受け答えはハキハキとするのが鉄則です。閉店後、夜9時頃から技術の練習をして、終電で家に帰るといつも1時頃、それから夕食でした。

Q.美容師の国家試験を取得するまでの流れを教えてください。

 横浜市内の理容美容専門学校の通信制で3年間学びました。理論では「関係法規」「物理」「化学」「衛生管理」「保健」などの小テストを提出し、スクーリングが年に2回、1ヵ月ずつ行われ、そこで技術理論とカラーやパーマなどの実習をしました。
 私は美容師の見習いをしながら国家試験を受けたので、専門学校に通ってから就職するパターンとは異なります。一般的には専門学校を卒業見込みのまま国家試験を受け、合格発表の前に内定が決まります。試験は8割方合格し、何度でもチャレンジできます。
 試験の内容が2010年に改正されましたが、私が受験した時は基本のカット技術に加えて、ワインティング(パーマのとき髪をまく技術)、ローラーカール(大きいパーマを巻く技術)、フィンガーウェーブ(指でパーマを巻く技術)のうちの一つが課題として出されました。

Q.美容室によって求められる技術は違いますか?

 美容室にも地域性があります。横浜のような都市部は一見(いちげん)さんも多く、お客様がどんどん来店し、数をこなす感じです。時間内に早くきれいに切ることが優先され、髪型もパターンの組み合わせだけでほぼクリアできた。
 ところが弘前へきたら、人口が少ないのに美容室が多くて、激戦区でした。通い続けてくださるお客様が多く、一人ひとりに対する思いも深くなっていく。それぞれの髪質や好みに合う髪型を追求すると、うわべだけの技術じゃ追いつきません。確かな技術にはきちんとした裏付けがある。ここにきて初めて、技術理論の大切さを知り、再び教科書を見直して勉強しました。

Q.一人前の美容師になるためには何年くらいかかりますか?

 「一人前」のレベルをどこに設定するかによりますね。ある程度きれいに施術するには3年~5年かかりますし、これがコンテストに出場したりしてさらに上を狙うのであれば果てしなく続きます。
 コンテストは星の数ほどあって、私も割と参加するのが好きな方です。過去のタイトルだと東北最大の「HIKARI CUP」で3位を2回、「東日本理容美容大会」で優勝を2回経験しています。多くの人が競い合うので刺激を受けるし、ライバルの発想にも学ぶ点があります。私の場合、自らの感性や創造性をのばすために挑戦しています。

Q.美容師向きの人っているんでしょうか?

 とにかく明るい人が向いていると思います。欲を言えば、人のことを思いやれる人。
 最近では下積みのつらさが理由で、せっかく資格を取っても、化粧品売り場の美容部員やエステティシャンなど、美容師以外の美容業に就く人が多い。美容師になる人が半分、やめるのが半分なので、結局4分の1しか残らない。若い人には我慢すること、頑張ることをもう少し続けてほしいなと感じています。
 地味な面もある一方で、華やかにしているのも美容師の努めですから、めいっぱいおしゃれを楽しむこともできますし、自分が携わったお客様からお褒めの言葉をいただいたり、「私の担当はあなたじゃなきゃだめよ」なんて言われると、本当にお客様から頼りにされているんだなあと実感します。髪を切ることで、その人のこの先の人生を大きく変えてあげることもできますし、涙をこぼすほどの感動をさせてあげることもできるんです。
 この仕事は他の人と替えがきかないことも多くて、自分にしかできないことがたくさんあります。日々忙しい毎日ですが、仕事に対する充実感は本当にあります。ぜひ、世の中の人をきれいに、幸せにするメンバーの一人としてあなたもチャレンジしてみませんか?

As One(アズ ワン)

〒036-8004 弘前市大町2-10-1

TEL・FAX0172-31-5133

営業時間:10:00〜19:00

定休日:年中無休

http://two-mix.net/